研究施設

  • HOME »
  • 研究施設

AIH-FPP処理システム

AIH-FPP処理とは小茂鳥研究室が独自に考案・開発した新しい表面処理手法です.このシステムでは雰囲気制御(Atmospheric-controlled)されたチャンバー内で高周波誘導加熱(Induction Heating)を用いて金属材料を加熱し,その表面に金属微粒子を打ちつける処理(Fine Particle Peening)を施すことが可能となっています.これにより,従来の表面処理では得られない高性能な表面の形成を目指しています.
g77t1089 g77t1129 g77t1100

レーザ

レーザから放出される光は通常の光とは異なり,指向性,単色性,可干渉性を有しています.そのため,レーザ光は材料に対し局所的に非常に高いエネルギーを与えることができ,微細な加工を行うことができます.レーザ加工の分野ではこの特性を生かし,金属材料の切断や溶接,表面処理などに応用されています.小茂鳥研究室では最新のYbファイバーレーザを用いて,新たな表面処理の提案を行っています.

g77t1174 g77s7604 g77t1148

 

引張圧縮試験機

金属材料は,自動車・飛行機などの輸送機器や建築物など,私たちの身近なところで使用されています.これらの製品が壊れてしまったときには大きな事故に繋がることもあるため,安全性を確認することが重要です.小茂鳥研究室では,最大±5トンの荷重をかけることが可能な引張圧縮試験機を用いて,金属材料の機械的性能を評価しています.

g77t1208 g77t1224 g77s7665

クリーンルーム
クリーンルーム(クリーンブース)は高い清浄環境の中で細胞培養を行うことを可能にする設備です.クリーンルーム内はフィルターを通して清浄な空気を取り込み,外部よりも常に高い圧力にすることで,外部からの空気の流入を防いでいます.これにより,微生物や微粒子の混入による細胞培養時の汚染リスクを抑えることができます.

g77t1245 g77s7714

PAGETOP
Copyright © Komotori Lab All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.