生体・医療材料グループ

  • HOME »
  • 生体・医療材料グループ

生体・医療材料グループ

生体・医療材料研究グループでは,レーザを利用した新しい表面処理プロセスを提案し,それにより,例えば,人工歯根などの表面の生体適合性や生体活性を向上させ,治療期間の短縮をはかりたいと考えています.また,最近社会的にも注目されている再生医療への貢献も目指しています.具体的には,チタン合金を素材とした金属製細胞培養器を作製し,そこに超音波振動や温度刺激を与えることにより,細胞の増殖性や分化誘導をコントロールしたいと考えています.iPS細胞の分化誘導を自在に制御できれば,新しい組織再生も夢ではありません.

 

研究テーマ

超音波振動刺激を利用したATDC5細胞の軟骨分化誘導 

温度刺激を利用した骨芽細胞の分化誘導プロセスの提案

レーザ誘起湿式表面改質法によるチタン合金の生体適合性向上

ミストタイプレーザ誘起湿式表面改質法の提案

大気圧プラズマ援用直圧式FPPによる純チタンの表面改質

大気圧プラズマ援用レーザ照射によるチタンの局所的表面改質

PAGETOP
Copyright © Komotori Lab All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.